日産、2030年までに23台の新しい電動化を投入、4つの電動化コンセプトを発表

日産は電動化計画を加速させ、2030年度までに15台のEVを含む23台の新しい電動化モデルを発売します。また、4つの魅力的なコンセプトを発表しました。

日本の自動車メーカーは、長期ビジョン「アンビション2030」を発表し、この計画を確認しました。また、日産は2050年までに製品のライフサイクル全体でカーボンニュートラルを実現します。

今後5年間で、日産は2兆円を投資し、ラインナップの電動化と技術革新を加速させます。今後5年間で20台以上のEVおよびe-POWER搭載の新型車を投入し、2026年までに欧州での販売台数の75%を電動化モデルにすることを目指します。日本では販売台数の55%、中国では販売台数の40%以上を電動化することを目指しています。米国では、2030年までに40%のEV販売を目標としています。

「日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 代表取締役社長:カルロス ゴーン)は、「社会のニーズに応える企業の役割はますます高まっています。「日産アンビション2030では、電動化の新時代を推進し、二酸化炭素排出量を削減する技術を進化させ、新たなビジネスチャンスを追求していきます。お客様や社会から真に必要とされる持続可能な企業へと、日産を変革していきたいと考えています。"

このビジョンを達成するために、日産は現在のリチウムイオン電池技術を改良し続け、コバルトフリー技術を導入して、2028年までに電池コストを65%削減します。また、2028年までに固体電池を搭載したEVを発売する予定で、早ければ2024年には横浜にパイロットプラントを設置する予定です。2028年までに固体電池のコストを1kWhあたり75ドルまで下げ、将来的には1kWhあたり65ドルのガソリン車とのコストパリティの達成を目指します。

また、日産は世界のバッテリー生産能力を2026年までに52GWh、2030年までに130GWhに引き上げる予定です。

今回のアンビション2030の発表では、4つの電動コンセプトが公開されました。その名も「日産チルアウト」「日産マックスアウト」「日産サーフアウト」「日産ハングアウト」です。最初のモデルは、日産のCMF-EVプラットフォームを使用した洗練されたコンセプトで、シルバーとブラックのツートンカラーで仕上げられています。日産 マックスアウト」は、2つのシートを備えたコンバーチブルタイプのコンセプトカーで、「優れた安定性と快適性により、新しいドライビングエクスペリエンスを提供する」ことを目的としています。

特に注目したいのは、「日産サーフアウト・コンセプト」です。これは、オフロードでの優れたパフォーマンスを実現するために設計された、電気自動車のピックアップトラックです。また、「ハングアウト・コンセプト」は、フラットな床と劇場のような座席を備えた移動式の居住空間として開発されました。

日産は、これらのコンセプトカーが量産モデルになるかどうかを明言していません。

【参照】https://www.carscoops.com/